自分を大切して、自由に生きる

メモリーオイルで自分を知る

美容室での髪型失敗から私が学んだこと

昨日よりは髪型がだいぶマシになりました!
もったりした感じが無くなった
写真じゃわかりにくいと思うけどw
本人が納得できればそれでいいいのです!

 

切る前の1番最初↓

f:id:freedom-life:20170628200503j:image

 

1回目美容室でカットしてもらった髪型↓

f:id:freedom-life:20170628200636j:image

 

2回目別の美容室でカットしてもらった髪型↓

f:id:freedom-life:20170628200746j:image
  
 
今回の美容室での髪型失敗から
学ぶ事がめっちゃありました。
  
 
転んでも絶対タダでは起き上がりませんからw
  
 
まず、私が美容室に行くにあたっての
今までの優先順位を改めて考えてみました。

    
☆優先度の高い順☆ 
 
1.値段
2.場所
3.技術
4.美容師さんの人柄
 
 
今までちゃんと考えたことなかったけど
私が美容室を選ぶ基準がこれでした!
 
 
値段が1位て…正直自分でも驚愕しました…。
 
 
じゃあ他の事に関してはどうだろう?と
ふと考えてみました。
例えば、セミナーや本、情報を得ることに関してですが…
 
 
1.人柄
2.情報の質
3.場所
4.値段
 

でした!真逆ですねw
 
 
もうお気づきかと思いますが、
私は目に見えない情報や知識をいれることに関しては
全然惜しみなくお金を出せるのですが
 
 
自分の外見磨きにはあまりお金を出したくない
と思っているようですwww
 
 
セルフイメージ低すぎ?笑
って一瞬思いましたが
よくよく考えたら事足りているから
余計にお金を惜しむのかもしれません。
 
 
というもの、
ネイルもマツエクも自分でできちゃうし
かわいい洋服も職場で安く手に入るし
肌の手入れも気になる部分はあるけど
そこそこ間に合っているしで、
 
 
人からどう見られているかは置いといて
自分基準では割と満たされている、
自分である程度できてしまう
 
 
というのがあるからこそ
美容室代を惜しむのかなーと思いました。
 
 
あと、今回の髪型失敗において
美容師さんとしっかりコミュニケーションを
取るのが大事だなと思いました。
 
 
美容師さんはプロなので
素人の私が色々言うよりも
イメージの画像を見せた方が早いだろう
っていう考えがあったんですよね。
 
 
イメージに近づくのであれば
美容師さんのアドバイス通りにした方が
確実だろうって思って
言われるがままにお任せしてしまったのがいけなかった。
 
 
なので、今日直しに行った別の美容室では
昨日の経緯から画像を見せつつ
細かいところまで希望をお伝えしたら


「段をいれたほうが毛先のハネを抑えられますよ」 
 
「後ろを短く切りすぎちゃうと、顔周りの髪のボリュームが
重たく見えちゃいますけど、どうしますか?」など
 
 
こちらの希望を聞いたうえで
プロとしてのアドバイスを色々教えてくれ
それによってこちらも
 
 
「そしたら、ここは段を入れてください」
   
「これ以上短く切らなくて大丈夫です」など
 
 
自分はこうしたい!と思っているけど
それをするとこういう結果になりますよ。
 
 
っていうのを素人目からはわからない
プロの意見を聞いたうえでの選択ができる。
   
   
それと、美容師さんのカウンセリング力。
 
 
お客さんて基本素人なので
悩んでいる部分やこうしてほしいっていうのを
上手く言葉で伝えられないことがある
ということに気づきました。
 
 
なので、そこを上手く引き出してくれるような
カウンセリング力があると嬉しいかな。
 
 
あとは、自分自身も普段からどういう部分が気になってるとか
こういうシルエットは嫌だとか
なんとなくじゃなくて、
細かく知っておくことで美容師さんにはっきり伝えられるので
自己認識がまずは重要だなと思いました。


 
それと、これは旦那に言われたことですが 
 
 
病院のかかりつけ医と同じで、
自分の行きつけの美容室、
もしくは美容師さんを作ること。
 
 
うん…ごもっとも過ぎて何も言えない…
 
 
と思ったけど、見つけてもいつも引っ越しちゃって(我が家が)
遠くていつも通えなくなっちゃうの!泣
 
  
という言い訳をしてやりましたw
 
 
でも、今回を機に美容室を選ぶ基準が変わったので
いい勉強になりました。
 
 
今度から、自分にとって良いと思える美容師さんに出会ったら
少し遠かろうが高かろうが
技術と人柄優先で選んでいきたいと思います!

 

 

freedom-life.hatenablog.com