30歳から始める主婦旅

旅行、グルメ、日々の気づき等、不定期でゆるく更新中♪

表面的な言葉に囚われていては、いつまでたっても物事の本質を理解することはできない。

先月、ある有名な方がガンで亡くなられた影響で、ガン治療や検診における記事をいたるところで目にしました。


その中でも、言葉使いがちょっと乱暴な記事を見つけました。


内容は、所謂ガンの3大治療とガン検診における警告の記事でした。


結構長い文章だったので
細かい内容は忘れましたが、
簡単に言うとガンの3大治療と
ガン検診を受けるのは
バカだ!アホだ!っていう言葉を
連呼していました。


その記事のコメント欄を見てみると…


「せっかく良い事を書いているのに
バカだアホだと書かれていて、途中から読む気がなくなった。」


とありました。


これを見て私は
「え?論点そこなの!?」
と、ちょっとビックリしました。


確かに、バカとかアホって言葉は乱暴かもしれないし、読んでいて気分が良いものではないかもしれないけど、その記事を書いた人が何でそういう表現をしているのか汲み取れないと、表面的な言葉に惑わされて、結局本質にたどり着けず終わってしまう。


凄くもったいないなー
と思ってしまいました。


記事を書いたその人は
それぐらい深刻な問題だから
生易しい言葉ではなく
あえてキツイ言葉を選んだのではないか
と思います。
(ただ単に言葉使いが悪い人や、愚痴っている人は別)


この世界は、沢山の言葉であふれかえっているけど、それは意思疎通を図る為のツールに過ぎません。


色々な世界があって
その世界が違うだけで、
言葉や表現の仕方も違う。


でも、根本は同じ。
ってことがほとんどです。


例えば「洗脳」って言葉。


言い換えると色々な言葉に置き換えられます。


教育、矯正、誘導、説得、改造
マインドコントロールマインドセットetc…


言葉は違えど、要はこれらは
「思想や主義などを根本的に変えさせること」
なわけです。


洗脳って言葉自体は、
なんかネガティヴなイメージですが、
他の言葉に置き換えると
そうでもなくなる不思議。


でも、やってる事は同じ。


あとは、そこに悪意があるかないかだけ。


私も偉そうに言っているけど
色々な人に教えてもらって
ようやく気づけたことなのでw


表面的な言葉に引っかかりを感じてしまう人は
これに気づけたら
世界が面白く見えるかもね✌︎('ω')✌︎


⭐️初のフェイスブックライブ開催!⭐️


*7/26(水)20時〜ゆる配信🎶

テーマは「夫と私が10年間一緒にいてもほぼケンカをしない理由」について語ります💖

ケンカをしない、
仲良くいられる秘訣を
私独自の視点で3つのポイントに絞って
お話していきます😆✨

お楽しみに🎶


☆山下みほのブログ☆
http://freedom-life.hatenablog.com/